東京・埼玉の宅建業免許申請(新規・更新・変更届)を格安料金で代行します。

サン行政書士事務所

業務内容

許認可申請業務

経営支援業務

報酬表

事務所紹介

サン行政書士事務所
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1
ニューステートメナー1058号
新宿駅徒歩5分
代々木駅徒歩5分

お気軽にお問い合わせください。 03-6319-4122【受付】平日13:00~18:00(土日祝日休)

24時間受付お問い合わせ

対応地域

許認可申請業務

建設業許可申請(東京、埼玉、神奈川)
宅建業免許申請(東京、埼玉、神奈川)
建築士事務所登録(東京、埼玉)
その他許認可

経営支援業務

会社設立(全国)
契約書作成(全国)

宅建業免許

HOME > 宅建業免許

宅建業免許について

宅建業免許とは

宅建業を営もうとする場合、国土交通大臣又は都道府県知事の免許をうけることが必要です。宅建業とは、自己の物件の売買や、他人の物件の売買・賃借の代理・媒介を業(不特定多数に対して反復継続して行う)とすることをいいます。ちなみに自己の物件の賃借には宅建業免許は不要です。

宅建業免許の更新とは

宅建業免許の有効期間は5年となります。有効期間の満了後も引き続き宅建業を営む場合は、免許の更新が必要です。免許の更新は、有効期間満了の日の90日前から30日前までにしなければなりません。

宅建業免許の変更届とは

免許を受けた宅建業者は、申請事項(商号・役員・専任取引主任者の変更、事務所の移転・新設etc)に変更があった場合、変更が生じた日から30日以内に、変更届を提出しなければなりません。変更届をしないないと免許の更新が受けられません。

料金・対応地域

料金は、報酬と実費の合計金額です。
報酬とは、当事務所がご依頼業務を行う対価としていただく金額です。
実費とは、税金・印紙代・申請手数料等、ご依頼業務を行う上で必ず生じる費用です。
金額は全て税込です。

知事免許(個人・法人共通) 対応地域:東京都・埼玉県

  報酬 実費※1 料金
宅建業免許 新規 ※2
(保証協会入会手続含む)
\52,500 \33,000 \85,500
宅建業免許 更新 \42,000 \33,000 \75,000
宅建業免許 事務所新設(1事務所につき)
(保証協会入会手続含む)
\31500 \0 \31500
宅建業免許 変更届・廃業届 \21000 \0 \21000

大臣免許(個人・法人共通) 対応地域:東京都・埼玉県

  報酬 実費※1 料金
宅建業免許 新規 ※3
(保証協会入会手続含む)
\78,750 \90,000 \168,750
宅建業免許 更新 \63,000 \33,000 \96,000
宅建業免許 事務所新設(1事務所につき)
(保証協会入会手続含む)
\31,500 \0 \31,500
宅建業免許 変更届・廃業届 \21,000 \0 \21,000

※1 別途、供託金及び保証協会加入金がかかります。(新規及び事務所新設の場合)
※2 1事務所迄の料金となります。1事務所を超える場合は別途お見積りさせていただきます。
※3 2事務所迄の料金となります。2事務所を超える場合は別途お見積りさせていただきます。

exmark.gif当事務所の新規申請・事務所新設申請の報酬には、保証協会入会手続の報酬も含まれております。保証協会加入手続の実費については以下をご参照ください。

ページの先頭へ

営業保証金の供託・保証協会への入会について

不動産取引は高額な為に万が一トラブルが生じた場合、お客様(不動産の買主等)がその損害に対する十分な賠償を受けられない可能性があります。そこで、損害の賠償の担保として、宅建業者は予め一定の営業保証金を供託しなければいけません。ただし、保証協会に加入している宅建業者は、保証協会が宅建業者が支払えない損害を代位して賠償するため、この営業保証金の供託は不要とされています。

つまり、宅建業免許を取得し営業を行うためには、「営業保証金を供託する」「信用保証協会に入会する」かのどちらかを選択しないといけません。

営業保証金の供託

供託金額:(本店)1000万円 + (支店1店舗につき)500万円

供託は、現金のほか、国債(額面通り)、地方債(額面の90%が評価額)、その他有価証券(額面の80%評価額)でも可能。
保証協会の入会

入会費:(本店)170万円前後 + (支店1店舗につき)100万円前後

入会費は加入する団体・加入条件・加入時期・支店数等により変動します。
入会費のお支払いは現金のみとなります。


供託金・保証協会の加入料のお支払いついては高額な為、ご依頼人から各機関へ直接お支払い頂いております。営業保証金の供託・保証協会への加入については、下記のよくあるご質問をご参照ください。

ページの先頭へ

当事務所が行うこと

新規・更新・事務所新設の場合

  • 宅建業免許申請書類一式の作成及び提出代行
  • 保証協会加入手続の代行
  • 商業登記簿、事業税納税証明書の取得代行

変更届・廃業届の場合

  • 変更届一式の作成及び提出代行
  • 商業登記簿、事業税納税証明書の取得代行

ご依頼人にご用意していただくもの

新規・更新・事務所新設の場合

  • 法人:法人実印 個人:個人実印
  • (役員・専任取引主任者etcの)個人印(認印可)
  • 証明書類(住民票、身分証明書、決算書etc)
  • 営業所内の撮影写真

ご依頼人に行っていただくこと

新規・更新・事務所新設の場合

  • お打合せ(1回目)
    場所:当事務所
    時間:60分前後
    内容:ヒアリング
  • 証明書類のご用意
  • 営業所内の写真撮影
  • 取引業経歴書の作成(※更新の場合)
  • お打合せ(2回目)
    場所:当事務所 ※TEL・FAX・メール・郵送等のやりとりも可能
    時間:20分前後
    内容:証明書類等のご持参・申請書類一式の説明・確認・押印
  • 免許証の受領

変更届・廃業届の場合

  • お打合せ
    場所:当事務所 ※TEL・FAX・メール・郵送等のやりとりも可能
    時間:20分前後  内容:ヒアリング、証明書類等のご持参、申請書類一式の説明・確認・押印
  • 証明書類のご用意

ページの先頭へ

業務の流れ

新規の場合

お問い合せご依頼人サン行政書士事務所
当事務所へのお問合せについては、詳しくはこちらをご参照ください。
お打合せ(1回目)ご依頼人サン行政書士事務所
免許取得のための要件を満たしているか、それを証明する書類を揃えることができるか等をご診断します。免許取得の可能性がある場合は、申請書類作成に必要な情報のヒアリングをさせていただき、ご用意していただく証明書類をお知らせします。
証明書類の収集・準備ご依頼人サン行政書士事務所
証明書類の収集・準備をしていただきます。 申請書を作成する上で必要な書類につきましては、とり急ぎFAX又は郵送していただきます。証明書類につきましては、原則ご依頼人に収集いただいてますが、当事務所で代理取得できるものもありますのでご相談ください。
ic004.gif
申請書類一式作成サン行政書士事務所
ヒアリング及びご依頼人にご用意頂いた証明書類をもとに、宅建免許申請書類及び保証協会入会申請書類の一式を作成します。
ic004.gif
お打合せ(2回目)ご依頼人サン行政書士事務所
ご持参していただいた証明書類をお預かりします。完成した申請書類一式についてのご説明をし、ご納得いただけたら押印していただきます。
ic004.gif
免許申請サン行政書士事務所
免許申請書類一式及び証明書類を管轄役所に提出します。新規申請審査は、知事許可は約40日、大臣許可は約90日かかります。
ic004.gif
保証協会入会申請サン行政書士事務所
免許申請後すぐに保証協会入会申請を行います。
ic004.gif
保証協会入会費のお支払いご依頼人
ご依頼人から保証協会へ直接入会費を銀行振り込みにてお支払いいただきます。加入する協会・加入条件・加入時期・支店数等により入会費は異なります。
ic004.gif
保証協会入会審査ご依頼人
保証協会の審査委員が御社営業所を訪問し、代表者・専任取引主任者の方との面談審査が行われます。提出した入会申請書類及び面談審査に基づき、入会審査が行われます。入会審査は約30日かかります。
ic004.gif
免許証交付・受領ご依頼人
行政機関による免許申請審査及び保証協会による入会審査が完了すると、保証協会の各都道府県本部にて免許証が交付されます。

ページの先頭へ

専任取引主任者について

宅建業者は、その事務所に従業員5名に対して1名の割合で専任取引主任者が必要となります。

取引主任者とは

取引主任者とは、宅建試験に合格後、取引主任者資格登録をし、取引主任者証の交付を受けている方をいいます。取引主任者証の有効期間は5年です。有効期間が切れている場合は、取引主任者として認められません。
専任とは

専任とは、会社と雇用契約等を結び、社員として営業時間中は免許の対象となる事務所に常勤している状態をいいます。従って、次の場合は取引主任者の資格を有していても原則専任とは認められません。

 (1) 他の許可・免許・登録において、専任が義務づけられている立場にある方
        (例)建設業許可の専任技術者、建築士事務所の管理建築士etc
    ※ただし、同一法人の同一事務所の場合は兼任が認められる場合あり
 (2) 他の法人や他の事務所で専任に近い状態にある方
     (例)自社の他の事務所に勤務している方、他の会社で社員となっている方etc
 (3) 住所と事務所所在地が遠距離で、常識上通勤不可能な方

ページの先頭へ

宅建業免許取得のポイント

宅建業免許については、細々とした要件は多々ありますが、主に以下の3点の要件が厳しいのでご注意ください。

 従業員5名につき1名の割合で専任取引主任者が用意できるか
 供託金(1000万円)、又は保証協会への入会費(170万円前後)を用意できるか
 独立した営業所スペースを確保できるか(特に、自宅の一部を営業所として利用する場合、営業所フロアを他社と供用している場合等は注意が必要なのでご相談ください)

exmark.gif宅建業免許申請手続き精通し、宅地建物取引主任者の資格を有する行政書士が責任を持ってご対応いたしますので、ご安心してご依頼ください。

ページの先頭へ

よくあるご質問

保証協会の保証金は60万円と聞いたのですが・・・。
たしかに、保証金は60万円となります。しかし、保証協会に加入するには、単に保証金だけではなく、入会費、年会費、諸経費等も必要になり、総額で170万円前後となります。

ちなみに現在保証協会は以下の2団体あります。
全国宅地建物取引業保証協会(ハトのマークでおなじみ)
不動産保証協会(ウサギのマークでおなじみ)

街の不動産屋さんはたいていどちらかの保証協会に加入しています。(お店の入口らへんにハトのシールあるいはウサギのシールが貼ってあると思います。)
知事許可と大臣許可の違いは何ですか?
知事許可=1つの都道府県にだけ事務所を置く場合に必要
大臣許可=2つ以上の都道府県にまたがって事務所を置く場合に必要

例えば、同じ2ヶ所の事務所を置く場合でも、新宿と上野のように東京都内に2ヶ所の事務所を置く場合は知事許可で構いませんが、東京都と埼玉県に各1ヶ所づつ事務所を置く場合には大臣許可が必要となります。

その他のよくあるご質問はこちら

記載のない業務または地域の場合でもお気軽にお問い合わせください。03-6319-4122【受付】平日13:00~18:00(土日祝日休)

24時間お問い合わせ

対応地域

許認可申請業務
建設業許可申請(東京、埼玉、神奈川)
宅建業免許申請(東京、埼玉、神奈川)
建築士事務所登録(東京、埼玉)
その他許認可
経営支援業務
会社設立(全国)
契約書作成(全国)

ページの先頭へ

〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1 ニューステートメナー1058号
新宿駅徒歩5分 代々木駅徒歩5分

copyright© サン行政書士事務所